アレックス

監督・ギャスパー・ノエ

1963年12月27日生まれ。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身。
アルゼンチン人であるが、両親が政治難民となったため、13歳でフランスに移住。フランスで活動している映画監督・脚本家。
監督作品は今のところ5作であるが、毎回衝撃的な作品を作り上げ、物議を醸している。
1991年に発表した「カルネ」が、カンヌ国際映画祭で高い評価を受け、国際批評家週間賞・批評家週間ヤング審査員推薦賞を受賞。
3作目の「アレックス」は、映画史上最長とも言われる暴力的なレイプシーンがあり、カンヌ国際映画祭では、1500人の観客のうち約200人が途中で退場したという。


【主な作品】
『カルネ』(1994)・・・監督/脚本
『カノン』(1998)・・・監督/脚本/撮影/製作/編集
『アレックス』(2002)・・・監督/脚本/撮影/編集
『8 -Eight- 』(2008)・・・監督
『エンター・ザ・ボイド』(2010)・・・監督/脚本

おすすめ情報